パートの面接を受けるために履歴書を書かれる際に、日付を書く項目があります。

昼から働けるように、パートを探すこともできます。

パート履歴書に書く日付は出す日を書きましょう。

昼から働けるように、パートを探すこともできます。 パートの面接を受けるために履歴書を書かれる際に、日付を書く項目があります。その日付を、履歴書を書いている日付で書かれる方もいらっしゃいますが、これは間違いです。履歴書は相手方に見てもらうための書類になります。

ですから、書いた日の日付ではなくて、それを面接日に持ち込む日付を書くようにしなければなりません。ですが、面接日に持ち込んで直接相手方に渡すのではなくて先に履歴書だけを郵送しなければならない場合もあります。この場合は履歴書を先に郵送して、後日面接をされるか履歴書の結果を基に面接に来てもらうかどうか決めるというパターンになります。

そのため、その場合は郵送で履歴書を送って相手方に着く日の日付を書いたほうが良いのか分からない場合もあるかもしれません。その場合は郵送する日、つまりポストに履歴書を投函する日の日付を書くようにすれば良いです。また履歴書は、日付を書いたり年号を書いたりする箇所がいくつか出てきます。その際には全て統一して書くようにしましょう。たとえば日付は漢数字で書いているのに誕生日は漢数字で書いていないなどバラバラに書いているのは良くないですし、バランスも悪くなります。そのため、統一することが大切です。

ピックアップ情報

Copyright (C)2019昼から働けるように、パートを探すこともできます。.All rights reserved.